紅茶ダイエットの効果とは?1日3杯飲むだけで下腹-6センチの驚くほどの効能!

diet0016

コーヒーより紅茶党のアラフォー管理人です。

紅茶はずっと昔から大好きでまさか紅茶がダイエットに

効くとは思ってもいなかったのですが、ちょっとした

飲み方とコツで驚くほどのダイエット効果があるのです。

しかし紅茶だけがダイエットに効果があるのではなく、

コーヒーや緑茶でも同じダイエット効果をえられるので、

コーヒー党の人も大丈夫!

毎日飲むもので痩せ体質を手に入れちゃいましょう~

どうせ毎日飲むならキレイも一緒にね(^^)

いつも飲んでいる、緑茶や紅茶、コーヒーの飲み方を

変えて、年末年始に食べ過ぎて脂肪をため込んだ体を脂肪を

リセットして燃焼しやすい体に変えましょう!

脂肪を燃焼させる飲み方のルール

その1:1日3杯以上の緑茶・紅茶・コーヒーを飲む

脂肪を燃やす効果を十分得るには1日3杯以上を飲みましょう。
どれか一種類ではなく3種類そのときの気分にあわせて
飲んでもOK!ただし総量が1.5ℓを超えないように。
飲みすぎは胃腸に負担をかけるので、まずは3杯から。
下痢や胃痛、腹痛がある場合はカフェインなどが刺激になっている
場合があるので無理せず様子を見てみて。

その2:基本はストレート飲む

ついつい砂糖やミルクを入れたくなりますが、せっかくの
脂肪を燃焼させるために飲んでいるのに糖質や脂質をプラス
するのはもってのほかですよね。
ダイエットの効果を十分にえるにはストレートで飲むこと!

その3:飲むタイミングは食事中・食後に!

食事の脂肪吸収を抑えるために、食事中や食後に飲む
ことが大切です。
大体1杯で200ml程度として食事中と食後に飲んで
一回あたりの食事で400ml飲むことになります。
それを1日3回飲むとして1.2ℓ程摂取できますね。
カフェインを取りなれていない人は1回の食事で
200mlを目指しましょう。
またカフェインの覚醒作用で眠れなくなる人もは
夜の飲用はひかえましょう。

緑茶・紅茶・コーヒーのそれぞれの効能は?

緑茶のカテキンは体脂肪を燃やす強い味方!

ヘルシアで有名になった緑茶カテキンは体脂肪を減らす
効果で特定保険用食品となり認知度が高いですよね。
緑茶中のカテキンはコップ1杯(200ml)で約230mg。
ダイエットの効果を十分にえるには500mg以上を目安に、
3杯分程度を飲みましょう。
緑茶を濃い目に入れてしっかりカテキンを取りましょう。

カテキンをたっぷり出す緑茶の入れ方

濃い目に抽出するために、大さじ山盛り2杯分の茶葉を
急須に入れる。
沸騰したお湯を200mlを一度コップに注ぎお湯を
80℃まで下げ少しさましたお湯を急須に注ぎいれ1分置く。
カテキンが溶け出す温度が約80度なので、このひと手間
は大切です。しかも一番緑茶を美味しく淹れることの
出来る温度です。

紅茶のカフェインはお腹まわりが痩せる!

紅茶を1日3杯飲むことで、内臓脂肪が減少します。
なのでウエストが痩せ下腹ダイエットに効果があるのです。
効果的な飲み方としては、食事中~食後30分までに飲む
ことで脂肪の吸収が抑制されます。ただ紅茶のカフェインは
意外に強いので夕方~夜にたくさん飲むのは避けましょう。

紅茶ダイエットの効果を最大限に引き出す淹れ方

茶葉の場合
ティーポットとカップをお湯で温める。
温めたティーポットのお湯を捨て、ティースプーン
小盛り2杯の茶葉を入れる。
沸騰したお湯200mlを注ぎ3分置く。
茶こしで茶ガラをこしながら最後の一滴まで
しっかりコップに注ぎいれ出来上がり。

ティーバッグの場合
カップをお湯で温める。
沸騰したお湯をカップに150ml程度そそぎ
ティーバッグをそっと沈めカップに蓋をし
2分ほど蒸らす。
ティーバッグを2~3回静かに振りそっと取り出す。

コーヒーは脂肪の代謝をする肝臓の働きを改善!

コーヒーのポリフェノールの一種、
クロロゲン酸には体脂肪を減らす効果があると
言われています。
また1日2~3杯のコーヒーは脂肪を代謝する
肝臓の働きを改善するとされ、脂肪肝の発生も
抑えられます。
コーヒーは昔、薬として利用されていましが、
現在でも健康飲料なんですね。
ただ刺激が強いので胃や食道の調子が悪い方は
避けてください。
睡眠を妨げないためにも飲むのは寝る2時間前までに。

コーヒーもできるだけドロップして淹れ立てのもの
の方が効果は高いですが、なかなか手間がかかります。
市販のヘルシアコーヒーや無糖のコーヒーでも効果が
得られます。

 

 

いかがでしたか?年末年始の暴飲暴食でついた体脂肪を
燃焼しやすくするために効果的な方法です。
毎日飲んでいるものでダイエットできるので気軽に
はじめてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です