内臓脂肪を減らすには、食べて、飲んで、痩せられる!食材5つを厳選☆

diet0280

内臓脂肪を減らすには、運動よりも食事や普段なにげなく飲んでいるものを、少し意識して変えるほうが果的なのをご存知ですか?

ちなみに内臓脂肪は溜まりやすい反面、落としやすいため、ほんの少し気をつけるだけでグッと痩せやすいのです。

ですが皮下脂肪よりも内臓脂肪のほうが、ほっておけば高血圧や高脂血症などの生活習慣病を招くリスクが高いので、健康の為にも早めに改善した方がいいわけですね。

手足は細いのに、お腹がぽっこりと出ている人は内臓脂肪率が高いことがほとんどですので、記事を最後まで読んで食生活に少し取り入れる意識をしてみてください。

今回は内臓脂肪を減らすには、食べて、飲んで、痩せられる!食材5つを厳選☆をご紹介致します(^^)/

内臓脂肪を減らすには、
食べて、飲んで、痩せられる!
食材5つを厳選☆

 

その1:低脂肪のヨーグルト

ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やす働きをしてくれるのは、みなさんご存知ですよね。

腸内環境が整えば、脂肪や糖分を過剰に血中に送らなくなります。

ですがすでに内臓脂肪が多い人は、なるべく脂質を減らした食事をしたいもの。

そこで善玉菌は摂取しつつ脂質はカットするために、低脂肪のヨーグルトを選びましょう。

もちろん無糖のものを選んで下さいね。

甘みは自然のハチミツやオリゴ糖などで補えば美味しく食べられます。

1日180g程度を目安に、毎日食べるようにしてみてください。

 

その2:ルイボスティー・マテ茶・ウーロン茶

杜仲茶やプーアル茶やギャバ茶が中性脂肪の濃度を下げる効果があるのは有名なのですが、いかんせん味に癖があり、苦手な人も多いのでは?

その点、ルイボスティーやマテ茶やウーロン茶は、コンビにでも置いてあるだけあり、味もそこまで気にならずに、普段の食事にもあってむしろ美味しく取り入れやすいという利点があるのです。

やはりどんなに効果があっても続けられなければ意味がありません。

美味しく毎日の食事のおともに、これらのお茶を取り入れてみてください。

 

その3:魚

イワシやさんま、アジやなどの青魚が健康にいいのはもちろんですが、まぐろやぶりや鮭なども栄養価的には全然ひけを取りません。

つまり魚であれば中性脂肪やコレステロールを落とす効果があるのです。

お刺し身で食べればさらに効果がアップしますが、焼いても煮てもOKです。

食べる頻度を落としたいのは、天ぷらやフライですね。

週5回魚料理を意識して食べれば、ぐっと血中のドロドロを改善できますよ。

苦手な人はフィッシュオイルのサプリメントでも補うことができます。

魚の脂は内臓脂肪を洗い流す効果があるので、うまく食生活に取り入れてくださいね。

 

その4:豆腐や大豆製品

大豆にはβコングリシニンという成分が含まれていて、これが中性脂肪やコレステロールを改善する効果があると言われています。

以前納豆ダイエットというのが流行りましたが、これがその理由なのですね。

しかも豆腐や納豆、おからなどは低カロリーで高タンパク質で高栄養ですよね。

毎食何かの大豆製品を取り入れれば、一品増えてお腹も満足します。

食物繊維も豊富なので、整腸効果もバッチリですよ。

たくさん食べたい人は、大豆製品を一品プラスすることを意識してくださいね。

 

その5:食物繊維

内臓脂肪が多い人は、普段から食物繊維が不足している傾向があります。

もしかすると野菜炒めやラーメンのトッピングなどでしか、野菜を食べてないのではありませんか?

できれば、和食のおひたしやきんぴらごぼう、切り干し大根の煮物やひじきの煮物、など副菜で食べたり、キャベツのサラダなどで食べて欲しいですね。

食物繊維を食事と一緒に摂ることで、血糖値の急上昇を抑え、食事のときの余分な脂肪を体外へ排出することができます。

マテ茶は食物繊維も豊富に含まれているので、野菜がない料理のときは一緒に飲むようにしてみましょう。

またなるべく副菜やサラダのあるメニューを選ぶようにすることもポイントです。

 

 

いかがでしたか?

内臓脂肪を減らすには、食べて、飲んで、痩せられる!食材5つを厳選☆をご紹介致しました。

内臓脂肪を減らすには、健康的な食事をするのが一番の近道です。

どれも少し意識すれば無理なく簡単に取り入れれられるものばかりですよね。

内臓脂肪は落ちやすいと最初に言いましたが、早い人で1ヶ月~3ヶ月もすれば、効果が表れると思います。

効果バツグンの方法なのでウエストサイズがワンサイズ減るの日も近いです。

楽しみならが続けて下さいね。

 

まとめ

内臓脂肪を減らすには、食べて、飲んで、痩せられる!食材5つを厳選☆

その1:低脂肪のヨーグルト
その2:ルイボスティー・マテ茶・ウーロン茶
その3:魚
その4:豆腐や大豆製品
その5:食物繊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です