しらたきダイエットの注意点!気をつけないと痩せにくくなる理由と解決法や口コミ5つ

diet0289

しらたきはダイエット中の食事のカロリー摂取を抑えるのに、とても優秀な食材ですよね。

しらたき100gのカロリーは、なんとわずか6kcalなのです。

これだけ低カロリーなら、ダイエット中でもお腹いっぱい食べられると思い嬉しくなるのですが、気をつけなければ逆に痩せにくくなってしまうという事もあるのです。

今回はしらたきダイエットの注意点!気をつけないと痩せにくくなる理由と解決法や口コミ5つをご紹介致します(^^)/

しらたきダイエットの注意点!
気をつけないと
痩せにくくなる理由と
解決法や口コミ5つ

 

その1:しらたきの栄養

しらたき100gのカロリーは6kcalと低カロリー。

しかしその分他の栄養素もほとんどなく、優秀なのは食物繊維くらいなのです。

それ以外はカルシウムが摂れるかなという程度なので、食物としても栄養価は期待できないと言えます。

しらたきの食物繊維は不溶性食物繊維なので、それ以外の食材で水溶性食物繊維を摂取しなければ、反対に便秘になってしまうことも。

しらたきの食べ過ぎは、便秘や腸閉塞になる可能性があると言われているのは、この点からだというわけですね。

 

その2:低カロリーの罠

ダイエットを早く結果を出すには、とにかくカロリーを減らせばいい。

これは間違った考えです。

体は常に現状をキープしようとする働きがあります。

急にカロリーを減らすと、飢餓状態だと勘違いし脂肪を燃焼しにくくし、蓄えモードになってしまうからです。

本来は脳が気づかない程度に徐々にカロリーを減らしていくのが理想と言われています。

極端な低カロリー食は、早い段階で体重が落ちるのですが、すぐに停滞期が来ます。

しかもしらたきは栄養価がほぼ無い食品ですので、体が飢餓状態を感じるのが早いのです。

低カロリーなら痩せるという考えは、結果リバウンドを招くので気をつけましょう。

 

その3:味が濃くなる

しらたき自体は特に味もないので、どうしても調味料頼りになってしまいます。

しらたきを使ったパスタ風ややきそば風は、まさに調味料を食べている感じになりますよね。

しかしここがダイエットの落とし穴。

塩分だけが大量に摂取してしまい、他の栄養素がない状態なので排出しにくくなり、むくみを招いてしまうのです。

野菜やたんぱく質を具材にたっぷり使えば、旨みも栄養素も補えるので調理は工夫してくださいね。

 

その4:副菜として取り入れるのが正解

しらたきダイエットの成功の秘訣は、カロリーを抑えつつも満腹感をしっかりと得ることです。

前途したようにカロリーをいくら控えても、栄養が摂れなければキレイに痩せることはできません。

この問題をクリアーするには、毎食の副菜に取り入れることです。

例えば夕食の献立が、ご飯・味噌汁・焼き魚・おひたしだとして、これでは満腹にならないと言う場合にしらたきの副菜を一品加えましょう。

料理上手で有名は辻希美さんは、よく「しらたきタラコ」を副菜に取り入れていますよ。

それ以外にも、きんぴらや肉じゃがに入れてかさ増ししたり、韓国風チャプチェにしたり、スープに入れたりしても満足感がアップします。

まずは副菜に入れることから始めましょう。

またしらたきを細かく刻み、ご飯と一緒に炊飯するとカロリーと糖質の両方をカットできます。

主食のご飯は毎日食べるので、この方法はお手軽で取り入れやすいのではないでしょうか。

 

その5:しらたきダイエットの口コミ

Aさん:ご飯にしらたきを混ぜたものと、バランスの良いおかずで1ヶ月で6kg減!

Tさん:夕食だけしらたきのメニューをお腹いっぱい食べて毎日快便!1ヶ月で-1kg♪

Uさん:2ヶ月で-5kg!夕食をしらたきに置き換え。コツは水溶性食物繊維と脂質を一緒に摂ることで快便になる。

Mさん:しらたきは市販の蒟蒻を麺よりも美味しくて飽きない♪

Rさん:炭水化物大好き!なのでご飯の量が減らせないけれど、しらたき米ならたっぷり食べられるし味も気にならない♪

 

 

いかがでしたか?

しらたきダイエットの注意点!気をつけないと痩せにくくなる理由と解決法や口コミ5つをご紹介致しました。

しらたきは上手に取り入れば、ダイエットの強い見方ということがおわかりになったかと思います。

ですがやみくもにカロリーを減らすことが危険ということも理解してもらえたと思います。

しっかりと理解したうえで、お腹いっぱい食べられるしらたきダイエットを成功させましょう。

 

まとめ

しらたきダイエットの注意点!気をつけないと痩せにくくなる理由と解決法や口コミ5つ

その1:しらたきの栄養
その2:低カロリーの罠
その3:味が濃くなる
その4:副菜として取り入れるのが正解
その5:しらたきダイエットの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です