難しい”ふくらはぎ痩せ”に成功する4つのテクニック

diet0092

最近は身長が高い方が増えていますが、

アラフォー管理人は日本人女性の平均身長を下回ります。

身長が高い人はそれにしたがって足も長くなるのですが、

身長が低めの肩は足が太いことが悩みの方が多いのでは

ないのでしょうか?

せめてふくらはぎがもう少しスラッとしていれば

スタイルが良く見えるのに・・・

でもふくらはぎってなかなかダイエットし辛い部位でも

あります。

ですが、コツさえつかめれば実はそんなに難しくない

以外に簡単なエクササイズですんなり痩せるんです。

ではまず何故ふくらはぎ痩せが難しいのか。

それは心臓から遠い部位で、血流が悪くなりやすく
冷えやむくみがきやすいのです。
特に女性は筋肉量も少ないので熱量も低いのです。

そんな難しいふくらはぎ痩せを成功させる4つのテクニックとは

その1:水分をたくさん飲む
まずはむくみをとるために、しっかり水分を取りましょう。
日本食は塩分が多いので特にむくみやすいのです。
一日2リットルを目安に純粋な水を飲みましょう。
コーヒーなどのカフェインやジュースなどの清涼飲料水は
水分に入りません。
まずは水分をしっかり補給してサラサラ血液になって、
リンパの流れを良くする事が大切です。

その2:マサージで凝り固まったふくらはぎを柔らかくする
これはお風呂に入ったときやお風呂上りが効果的。
アキレス腱周辺をつまみながら下から上にむけてマッサージ。
そのあと両手でふくらはぎを包み込み、親指はすねの骨を
挟むように、のこりの指はふくらはぎをしぼり上げるように
脚をつかみ、足首からひざまでさすりあげる。
リンパをしぼり出すようなイメージで5回。
これらの動作を1回とし5セット。つまり25回。
この流れの後は、ひざ裏のリンパ節を両方の親指で円を描くように
やさしくもみほくします。
お風呂の中で身体を洗いながら泡のすべりを利用するのもいいですし、
お風呂あがりにボディークリームをぬりながらでもいいですね。
お肌のケアにもなるので一石二鳥(^^)

その3:簡単なエクササイズをする
・職場などで椅子に座りながら簡単にむくみをとるエクササイズ
椅子に座りながら踵は床につけたまま、つま先を上げ下げする。
ちょうどつま先でリズムをとるような感じですね。
ふくらはぎの筋肉を定期的に動かすことで、ふくらはぎの血流を
心臓に送り出しむくみを減らすことができます。
これを気がついたときにするだけで、夕方にロングブーツの
チャックがしまらないなんてコトは防げますよ。
・ふくらはぎをシェイプするためのエクササイズ
雑誌などを積み、5センチほどの台を作る。
その上に立ち、かかとをできるだけ高く上げ10秒キープ。
この動作を3~5回行う。
また、かかとは床すれすれまで下げるようにすると効率がアップ。

その4:ふくらはぎをしっかりストレッチ
①片足を大きく前に踏み出しひざを曲げ体重をかける。
②反対側の脚をしっかり伸ばし、かかとが浮かないように注意。
ふくらはぎが伸びていることをしっかり感じてキープ。
③反対の脚も同様にする。
エクササイズの後やマッサージの後にすると効果的です。

 

 

いかがでしたか?ふくらはぎ痩せを成功させるコツは
ふくらはぎに溜まった老廃物を上手に排泄させることが
大切だと気がついたと思います。
エクササイズ自体もキツイ運動とかではなく、
毎日の隙間時間と簡単な運動で痩せられる部位なので
是非挑戦してみてくださいねp(#^▽゚)q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です