【大麦ダイエット】大麦を1日1回食べるだけでセカンドミール効果で太りにくくなる!

diet0166

NHKの「あさイチ」で取り上げられた”大麦ダイエット”
をご存知ですか?

番組内ではお笑いコンビの髭男爵が大麦ダイエット食に
チャレンジしていたのですが、大麦にはただ痩せるという
効果だけではないんです。

なんと、たった1日1食大麦を食べるだけで、
太りにくい体になるのです!

そんな都合のいい話ってあるのかという質問もありそうですね。
ですが嬉しいことにその通りなのです。

セカンドミール効果という言葉はご存知ですか?
最初に食べた食事の内容が次に食べる食事の後の血糖値に
影響を及ぼす現象のことを言います。

つまり最初の食事で血糖値の上昇を緩やかにするものを
食べれば次の食事の後も血糖値の急上昇が抑えられるのです。

食物繊維の豊富なものを食べれば、肥満や生活習慣病の元と
なる食後の急激な血糖値上昇が防げるのですが、
その食物繊維が豊富な食材のひとつが「大麦」なのです。

今回はそんな大麦ダイエットについてご紹介いたします(^^)/

 

大麦によるセカンドミールの効果の一例

朝:大麦を食べる
豊富な食物繊維が消化吸収をブロックし、
血糖値が急上昇しにくい状態にする。

昼:朝食の4時間後
朝に食べた大麦のでんぷんが徐々に分解され、
その刺激で血糖値や食欲をコントロールする
ホルモンが分泌される。

夜:朝食から10~16時間後
食物繊維や難消化性でんぷんが腸内細菌による
発酵を受け、プレバイオティクス効果を発揮。
血糖値や食欲をコントロールするホルモンが
出る。

大麦は1日中太りにくい体を作ってくれる!

大麦を朝に食べると数時間から半日後の食事後の
血糖値にまで良い影響を与えれくれます。
大麦の粒に特徴的な構造があり、消化されにくい
でんぷんとなり、腸内細菌によって発酵を受け
善玉菌だけを増やし、腸内環境を整える
「プレバイオティクス効果」が得られるのです。

プレバイオティクス効果によって「ペプチドYY」
という”満腹ホルモン”が増え、食欲刺激ホルモンの
グレリンが減るので食欲をコントロールしやすい
状態になるのです。

一日のうち、いつ食べても痩せる効果が!

朝食・昼食・夕食のどこで食べてもセカンドミール効果が続きます。
夕食に食べたら翌日にも効果が得られるのです。
細かい決まりごとはなく、ただ毎日どこかの1食を大麦に
するだけでダイエット効果が続くのです。

大麦の豊富な食物繊維で便秘解消!

大麦に含まれるのは「βグルカン」という水溶性食物繊維。
便秘には特に水溶性の食物繊維が必要です。
玄米にも食物繊維が多く含まれていますが、
大麦にはそれより多くの食物繊維とカルシウムが含まれて
いるのです。
βグルカンは血中コレステロールの低下作用や食後血糖値の
抑制、メタボ解消などの効果があり、白米や玄米よりも
多く含まれているのが大麦なのです。

玄米より食べやすい!

玄米は炊飯器で炊くとパサパサして少し固めです。
もっちり美味しく炊こうと思うと圧力釜が必要なのですが、
大麦は30分から2時間ほど浸水させて普通に炊飯器で
炊いても十分ふっくら美味しくできるのです。

大麦を美味しく炊くコツは浸水させることと、
炊き上がったあとそのまま10分蒸らし、
上下を返してさらに10分蒸らすとかなり美味しく
できます。

麦だけというのに抵抗がある人は、まず白米に混ぜて炊き、
少しずつ大麦の割合を増やしていくという方法はどうですか?

主食以外にもアレンジができる!

プチプチとした食感が美味しい大麦はサラダやスープに入れたり、
ハンバーグの種に混ぜて肉のかさ増しをしたり、パスタのソースに
加えたりとアレンジも豊富です。

そのときに使うのは「ゆで麦」を使うといいですよ。
ゆで麦は耐熱ボウルに押麦150gを入れ、押麦にかぶるくらいの
水を加え、ラップをしないで電子レンジで10分加熱します。
それから流水にさらし、ぬめりを取って完成です。

小分けにして冷凍すれば1ヶ月ほど保存可能なのでとても便利ですよ。

主食を大麦にすることが抵抗のある人は「ゆで麦」から入ってみては?

 

 

 

いかがでしたか?まだまだ認知度が低い大麦ダイエットですが、
正直なところ玄米を主食にするよりは手間がかからない
簡単なダイエット方法だと思いました。
麦とろご飯なんて最高の一品だと思いますので
是非試してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です