ボディビルダーの食事を見習え!本気でダイエットする為の5つの習慣

diet0006

あの大きくて引き締まった筋肉のボディービルダーの人達の
食事って気になりませんか?

大きな体を作るために、ただ食べているだけではないんです。

肉体の美の極限をつくるためには、ダイエットに成功する
ために見習う点がたくさんあったのです!

今回はボディビルダーの食事を見習って、本気でダイエットに
成功する方法をご紹介いたします(^^)/

ボディビルダーの食事を見習え!
本気でダイエットする為の5つの習慣

 

その1:食事の回数を増やす

プヨプヨとした締りがない太り方をしている人に多い
傾向が食事回数が少なく、一度の摂取カロリーが多いこと。
食事はカロリーを摂取するだけではなく、うまく利用すれば
一日の代謝を高い状態にキープすることが可能なのです。
1日3回、1回にたくさんの量を食べるのではなく、少量
ずつ5~6回に分けて食べ、カロリーもなるべく平均になる
ようにしましょう。こうすることで、代謝を一定のペースで
高く保つことができます。つまり一日の代謝量がアップする
わけですね。カロリーの摂取量にバラつきがあると、代謝が
遅い時間帯が生まれ、消費されずに余ったエネルギーが体脂肪
として貯蔵されてしまうのです。

 

その2:サラダを食前に食べる

食前にサラダを食べると、その後で食べる食事の糖の吸収
が緩やかになるので体に脂肪がつきにくくなると言われて
います。ただし高脂質のドレッシングは使わないことが
ポイントです。新鮮なオリーブオイルやエゴマ油、アマニ
油などでお手製のヘルシードレッシングならOK。酸化した
油は体によくないばかりか、反対に太りやすくなるので注意
が必要です。

 

その3:タンパク質を食べる

スリムで引き締まった体をつくるためには、筋肉をつけることが
大切です。(細くてもお腹や二の腕がたるんでるなんて嫌ですよね)
そこで必要なのが筋トレとともに、良質なタンパク質を十分に
摂ること。タンパク質が少ないと体の変化は遅くなります。
体重1kgあたり約2~3gに相当する量を摂取すれば、筋肉の
成長を促すことが出来ますが、お肉や魚のグラム数ではなく、
脂肪分などを抜いた純粋なタンパク質を計算する事が必要なので
すこし手間がかかり面倒ですよね。できるだけ赤身肉やささみ、
皮を除いた鶏ムネ肉などを食べながら、食品だけで摂りきれない
分はプロテインシェイクやサプリメントを賢く活用していきましょう。
ちなみに一度の食事で摂る赤身肉の理想の量は成人女性で
120g程度と言われています。

 

その4:炭水化物は賢く摂る

脂肪を落としたいときは炭水化物の摂取量を減らすのは、ボディ
ビルダーの中でも常識です。痩せてキレイな体型を目指すなら
炭水化物の摂取量は抑えましょう。ただしずっと減らした状態
では体が慣れてしまいなかなか代謝が上がらず、反対に痩せにく
くなってしまいます。大切なのは摂取エネルギーの不足状態を
体に提供すること。普段は少なめに抑えておき、筋トレやラン
ニングなどのワークアウト後にお茶碗軽く1杯(100g)
程度の炭水化物を食べるのが理想だと言われています。
カロリーとしては150kcal程度になるかと思います。
なかでも炭水化物とビタミンが同時に摂取できる、玄米や大麦
全粒粉のパスタやパン、さつまいもなどが低脂肪で食物繊維
が多く含まれる低GI食品なのでオススメです。

 

その5:水分は水で摂る習慣をつける

ジュースなどの清涼飲料水やダイエットコークなどのカロリー
オフ系の炭酸飲料などで水分を補給するのは今すぐやめましょう。
1日1本の炭酸飲料を飲むと週の摂取エネルギー量が約1,750kcal
も増えるといいます。また人口甘味料などでカロリーゼロやオフと
うたっているものを習慣的に摂取していると、セロトニンの分泌が
阻害され、満足感が得にくくなるためかえって食べ過ぎてしまい、
、長期的に見て体重が増えやすくなることが研究結果にでています。
運動する人は特に脱水状態を避けるため、1日2ℓ以上の水分を
摂取するように心がけて。水分補給が不十分だと体重も落ちにくく
なるので、純粋な水をしっかりと飲むように意識しましょう。

 

 

いかがでしたか?
ボディービルダーの食事法を少しご紹介させて頂きましたが、
あれだけの大きな体と美しい筋肉を作るにも、ただ食べている
だけではないことがおわかりになったと思います。
ボディービルダーは美しい体を作るプロなので、キレイに痩せる
ためのヒントがたくさんあると思いますので、是非見習って
みてくださいね。
まとめ

ボディビルダーの食事を見習え!
本気でダイエットする為の5つの習慣

その1:食事の回数を増やす
その2:サラダを食前に食べる
その3:タンパク質を食べる
その4:炭水化物は賢く摂る
その5:水分は水で摂る習慣をつける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です